無料カウンター

ラビットさんからの文章です。

詐欺にあった女性

 日にちは、よくわかりませんが・・・ある日一本の電話からはじまりました。

一番初めに私のお父さんが電話に出ました。いつものようにお父さんが出てそしてむこうの人が私の名前をだしてきました。そして、私は、お父さんからなんか「○○○から」と私に言い私は、まよいもなく電話にでました。そして声は、若い女の人でした。私は、はい!もしもしと電話にでました。ケータイの料金の話をてっぱいしゃべられました。そして私は、話が良くわからなくなり・・・

ついにあの・・・実は、私、障害者なので・・・私、いつもそういう話は、地元のお店に行って・・・話をしています。そう私が言うと・・・女の人が・・むずかしい話をしてゴメンなさいとあやまってきました。そしてお金が出たらすぐに銀行にふりこんでくださいと私に言いました。私は、ちょっとあやしいと思いました。そして、そこの電話をかけてきた女の人に十一月八日にこの番号までに電話くださいといわれ私は、とりあえず言うとうりにして・・・メモをとりました。そして、私は、かなりあやしいって思いすぐお店に行く事にしました。今、思うとちょっとこわいなって・・・思っています。その女の人からおしえてもらった番号をメモしたのをお店の人にきいたら!そんな番号のお店は、ないってすぐいわれました。じゃあやっぱり・・・さぎですねって言う話になりました。

 みなさんもごちゅういください。

 

                  終

久しぶりにラビットさんの登場です。ラビットさん、作文ありがとう!

自分の心

私は、5月16日から新しくできた就労支援施設で、今、働いています。一番はじめは、どうせ2年けいやくだからべつにてきとうでいいやと心のおくで思っていました。だけど、いろ×2な人とコミュニケーションをしていくうちに私をしつようとしてくれているところなんだなってすこしづつ思ってきました。私と同じくらいの男の子とは、私は、高校もおなじだったので・・・本当におなじ就労支援施設でよかったです。先生方もいい人ばかりで・・・私は、本当にやっと×2いいばしょにこれたと思いました。私は、人をしんようすることが・・こわくなっていました。いつも、うらぎられゴミのように・・あつかわれ・・私は、頭にくることばかりでした。たしかにいろ×2な人がいてむずかしいです。でも、この就労支援施設は、そんないやなばしょじゃないと心から思いました。私は、私らしくがんばっていこうと思いました。

 

              お わ り

ラビットさんが書いた作文です。 ラビットさんの文章を読んでコメントをいただけたら嬉しいです。

自分の悪いところ

私は、いまだになおらないくせがあります。

自分の気持ちを人におしつけたり本当に二十二歳の私は、ちょっとさいあくだと思いました。私は、ストレスをためて×2ばくはつして物にやつあたりするから・・・そんな自分がたまにこわくなる(泣)

 

だからかれしもビックリして・・・高校のとき私は、キレて人にハサミをなげた・・・私は、心の中で自分は、もうおわったって思いました。でも、みんなは、私の気持ちをわかってくれた。でも、私は、みんなにどうそうかいであうのがこわい。何かいわれるのでは??って思うからたまに自分なんてって思うときもある・・・だから私は、キレたらなにするかわからない本当にあくまな私だ。でも、がんばってなおそうと思っています。

 

二0十一年は、ケガをしない人になろうと思っています。心にちかいます。私にも大切な人が今日できました。なので、もっともっとこの人のためにがんばりたいと思います。名前は、いえませんゴメンなさいでも、すごくりかいのあるいい人です。本当に私は、うれしいです。この人をしんじていきたいと思います。

 

                終

 

ラビットさんが皆さんに読んで頂くために書いた文章です。

人との付き合い

 私は、今日、OさんとNさんの事ではなしをしました。そしたらOさんは、こういっていました。私は、きっときらいな人って見ているからといっていました。私は、きらいな人とは、きらいときめていてすぐになげだすくせがあり私は、Oさんとはなしをして私は、そのくせをなおそうと思いました。

 

そしてリストカットのはなしをしました。そしてすべてのはなしに私は、自分が人をきづつけたと思い泣きました。私は、人の気持ちをすこしづつりかいしていこうと思いました。Oさんのはなしは、とてもわかりやすく私の心もスッキリしました。私は、すこしでも自分をしっていい自分もわるい自分もみていこうと思いました。これからすこしづつ人を見てきらいな人もいるけど・・・イライラしてもきれても一つれいせいにかんがえていきたいと思いました。ボランティアかつどうもかねてできるかぎり

 

おわり

こちらで紹介したパソコン教室に通ったSさんの文章です

パソコンの学校に行ってみて

私は昨年の10・11・12月まで稚内勤労青少年センターでパソコン基礎科に行っていました。何十年もかな入力をローマ字入力に変えるのにひと苦労しました。何とか打てる様になりました。ワード・エクセルも使える様になりパソコンを習っていた時はとても楽しい時間でした。ローマ字入力を覚えただけでも私はもうけものだと思っています。何か終わったら気が抜けた様です。教えてくださいました先生ありがとうございました。

ラビットさんが昨年12月に書いた文章です

私の気持ち

私は、すぐに人をきずつけてしまう

まるで自分が自分じゃないくらい

本当は、したくないのに人の気持ちを

コントロールできなくなるそんな自分がにくいいつも人をこまらせているからおやにもめいわくかけるしお兄ちゃんにも私は、ダメなにんげんだからせめてらいねんはみんなのやくにたちたくなるようになりました。私は、わがままでどうしようもないにんげんだからせめてらいねんからでも人のやくにたてるボランティアの仕事をしようと思っています。人のためよのなかくるしんでる人のために私は、心からそう思っています。

 

親への思い

 私は、お父さんとお母さんにいつもめいわくをかけているので二〇十一年からお母さんとお父さんにめいわくをかけないようにしていこうと思いました。服とかを自分の物よりはやくおやの物を買ってあげようと思いました。母の日には、なにかかってあげよう父の日にもなにかかってあげようと思いました。友達にもいろ×2とめいわくかけているからきもちをこめてなにかしてあげようと思いました。

               終

 

この文章は、Sさんが持病のてんかんのことを多くのみなさんに知ってもらいたいという気持ちで書いたものです。

病気ってなんなのかな~

 まぁ~皆さん私の書いた事を読んで下さい。あれは私が小学2~3年生の時の事でした。風邪をひいて、熱を出して病院に行ったら先生に「あなたは、てんかんの病気です。」と診断されました。それ以来3、4日に一度位は、倒れていました。

 そして月日はながれ、私が18才になり色々と仕事を探したけれどなかなか見つからなく、ハローワークに行ってもその頃はまだ倒れる回数が多かったので、ハローワークの人に「あなたに合った仕事は今のところ見つかりません」と言われました。新聞の募集欄など見て、病気をかくして色々とアルバイトをしましたが長続きしませんでした。そして病院の先生に、「障害者就労センターで仕事をしても良いでしょうか」と聞いてみたら、そこは※かりぞえの仕事場ではないので、あなたは入所できません」と言われました。多分すぐに辞めると思ったのでしょう。それで私は自分の足で障害者就労センターまで行ってそこでボランティアを半年~1年近くやって、なんとか先生にみとめてもらい入所出来ました。

 それから障害者就労センターに10数年いましたが、母が再婚した父が肺がんになり、障害者就労センターのお金では足りないと思い、ハローワークに行ったらホワイトボードに、建具屋の募集が張っていたので、電話番号を紙に書いて、自宅から電話をして面接の日を決めました。そして面接の日がきて、社長に病気の事から全部話したところ、それでも使ってくれると言ってくれました。病院の先生に「仕事が決まったので診断書を書いてくれませんか」と聞くと「あなたはまだ働ける体ではありません」と言われ診断書を書いてくれませんでした。(前にかかっていた先生は転勤して別の先生に言われました) だけど私は、実習という形でその会社に3~4ヵ月くらい勤めて、また先生の気持ちを変えさせて診断書を書いてもらいました。それで建具屋にやっと勤めることができたのです。

 だから私が思うには、自分が本当に働きたいと思っていたら、先生に何を言われようと仕事を探すはずです。いったい病気ってなんなのかな~自分で文章にしてみると解りません。こんな、我の強い私だから恋人なんて出来るのはいつの事やら。だけど定職につくという夢だけは現実にしたいのです。

 

  ※かりぞえ・・・一時的、短期間